Francisとパーカー(Auto)を収集するふぇぶらりーです。最近NPBに主軸が、、、
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本 - 「Golden Slumber」伊坂幸太郎
読み終わった。。
長かった。。

小説とかあんま分からないやつがだらだら書くので流してください。


この人の本の特長は
軽快な語り口調。
複雑に張らす伏線の巧さ。
この2点に尽きると思う。

登場人物の名前にあわせてシャレをきかす点は面白く、相変わらずだなと思う。
ただこの軽快な語りはストーリーの緊張感をなくすのも事実。特に今回のようなストーリーには適さないかな。。

また今回は時間が前後していたので、先が少し見えてしまったから、というのも緊張感をなくします。

いつもは伏線を張りまくって最後に巧く1つにまとめる感じだけど、今回はなげっぱなし(というか自分が気づいてないだけかも)
いつもは話に無駄がなく、捨てるところがないのに、今回はどうだろう。。

それでも最後の5ページくらいはキレイにまとまってます。
伊坂幸太郎って感じがもっとも強く出ていて、ほんわりあたたかい感じ。
ここでもってきたか。

また泣きそうになってしまった。

文句ばっかだけど、読み終わった後は気持ちが良かったです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。